美容コラム

美肌を作る有効成分。アミノ酸とビタミンCを効率的に摂取しましょう

投稿日:

最近、小じわやたるみが気になる。アミノ酸とビタミンCが足りてない?

ulleo / Pixabay

加齢と共に気になり出す小じわや肌のたるみですが、これらは減少するコラーゲンが原因として挙げられます。

コラーゲン量は年齢と共に徐々に減少し、それによって肌は弾力やハリを失ってしまいます。
そうすると肌がたるんでしまったり、小じわや肌荒れなどの様々なトラブルが起きるようになります。

そしてこの状況を改善するために有効なのがアミノ酸とビタミンCです。

コラーゲンはタンパク質の一種であり、体内ではアミノ酸に分解されて吸収され再構築を経てコラーゲンとなります。
コラーゲンを摂取したからと言ってそのままの状態で吸収されるわけではないのです。

つまり、コラーゲンを体内で多く生成するためにはグリシンなどを含んだアミノ酸を摂取する必要があります。

それだけでなく、最終的にコラーゲンへと合成するためにはビタミンCが必要となります。
ビタミンCの酵素の働きを助ける作用が必要であるため、合わせて摂取することが望ましいです。
緑黄色野菜や果実類に豊富に含まれているため、なるべく意識して摂取するように心がけましょう。

これらの成分をバランスよく摂ることで年々減少していくコラーゲンを生成しやすくなり、肌の様々な悩みを改善しやすくなります。

アミノ酸とビタミンCによって、肌がきれいになる仕組み

Kaz / Pixabay

アミノ酸は肌の弾力やハリを保つために欠かせないコラーゲンへと変わる重要な成分です。
体内のタンパク質の約3割はコラーゲンだとされており、骨・軟骨・靭帯・腱・真皮などを構成しています。

しかし40代を過ぎると体内のコラーゲン量は一気に減少するようになり、そうすると肌がハリを失うなどの影響が現れるようになります。

そのためアミノ酸を摂取し、体内で不足するコラーゲンを補う必要が出てきます。

そこで合わせて必要となるのがビタミンCです。

抗酸化作用を持つためアンチエイジング効果が期待出来たり、肌荒れの予防や免疫力のアップなど様々な美容と健康の嬉しい効果が期待できる成分ですが、これらの役割の他にもコラーゲンを合成するという重要な働きを持っています。

そのためコラーゲンの元となるアミノ酸と一緒に摂取することで美肌効果を高めることができます。

理想的な摂取タイミングですが、肌のターンオーバーが行われるのは睡眠直後とされているため、就寝前の1~2時間の頃合いに摂取することで効果を最大限発揮できるでしょう。

ただし過剰摂取しても吸収されずに尿となって体外へ排出されてしまうため、1日の必要量を意識して摂取することが大切です。

アミノ酸とビタミンCを効率的に摂取するにはどうしたらいい?

アミノ酸とビタミンCを効率的に摂取するためには、サプリメントを利用する方法が最も簡単です。

理想の摂取時間である就寝前でも服用しやすく、胃が膨れることもカロリーを気にする必要も無いため毎日飲むことができます。

ドリンクタイプや錠剤タイプ、粉末タイプなどの様々な種類があるため自身の飲みやすいものを選ぶと良いでしょう。

ただし1日の摂取量を守って飲むことが大切です。パッケージに目安量が記載されている場合は、必ずその量を守るよう注意しましょう。

サプリメントでなくても、食品から摂取する方法もあります。
ビタミンCはグレープフルーツやキウイなどの果物類やキャベツ、ブロッコリーなどの野菜類に多く含まれています。

またコラーゲンの元となるアミノ酸は肉類やレバー、海藻類など幅広く様々な食品に含まれています。

そのため日頃から規則正しい食生活を心がけ、何でも食べるよう意識することが大切です。

ただし食事から摂取する場合、就寝前に食べてしまうと消化器官に負担をかけ、体にとっては悪影響をもたらしてしまいます。
そのため少なくとも就寝する2時間前までには食事を終わらせておくようにしましょう。

バランスの良い食事が難しい場合は、やはりサプリを補助として利用する方が簡単ですね。

-美容コラム

Copyright© すっぽん小町の口コミと効果◎子育てで忙しいママのアンチエイジング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.