美容コラム

美肌をつくるための前提!コラーゲンとアミノ酸を意識しよう

更新日:

美肌の前提

肌の調子を整えるためには、さまざまな栄養素を摂取しなければなりません。

栄養素の種類は豊富にありますが、どれを摂取してもよいわけではないため、注意が必要です。

どのような栄養素を摂取すると美肌につながりやすいのかを考え、適切なものを摂取する必要があります。

また、とにかく大量に摂取すれば効果が出てくるということもないので、適切な量を守ることも重要なポイントです。多すぎても少なすぎても、肌にとってはマイナスになってしまうといえます。

 

肌の美しさを求めている人にとって欠かせない栄養素としては、主にコラーゲンとアミノ酸の2種類が挙げられます。

あまり美肌を意識していない人でも、コラーゲンとアミノ酸について一応は知っているものです。

特に摂取しようと心がけていなくても、それなりに摂取できていたりします。

ただ、適当に摂取しているだけでは、せっかくの効果が半減してしまうのです。

  • どのように摂取すればよいのか
  • どのような食品に多く含まれているのか
  • 1日あたりの摂取目安量はどのくらいなのか

…といった疑問点を解消しなければなりません。適切な量を適切な方法で摂取することで、肌の調子が改善していくのです。

コラーゲンの基礎知識をおさらい

コラーゲンというと、何か特別な成分のようなイメージを持ってしまいますが、実はたんぱく質の一種です。

食品などで摂取することが多いわけですが、人間の体内にも存在しています。

たとえば、骨・皮膚などにもあるのです。

ただし、体内に存在しているのだから摂取しなくても大丈夫なのかというと、決してそうではありません。

コラーゲンは、年齢が上がるにつれて減少してしまうのです。

そのため、若いうちは意識的に摂取しなくても問題ないのですが、ある程度の年齢になったら積極的に摂取するように心がけなければなりません。

特に、50代になると20代の頃と比べて半分近くになってしまうのです。

そして、ただ単に量が少なくなるだけということでもありません。質の面から見ても、若い人と年齢が上がった人とでは違いが出てきます。

 

人間の身体が老化していく過程では、コラーゲンが大きく関わっています。しっかりと外部から摂取し、必要な量を補うようにしなければなりません。

サプリメントを使うとスムーズに摂取することができますが、毎日の食事で摂取することも容易です。

たとえば、レバー・ウナギ・イカなどに多く含まれています。

魚介類などをそのまま食べるのが苦手な人は、鍋にして食べるのがよいです。野菜なども一緒に入れた鍋なら、野菜不足の悩みも解消できます。スープも飲むようにすれば、栄養素の摂取がより効率的になります。

アミノ酸の摂取も合わせて

一方、アミノ酸はたんぱく質のもとになる栄養素です。一種類の酸のことを指しているわけではなく、数百もの種類があるのも特徴となっています。

筋力を強めたり、持久力を高めたりして、健康な身体を作るのをサポートする効果が期待できます。

このような点を見ると、美肌とは直接的な関わりがないように思えますが、アミノ酸には他の作用もあることが注目されているのです。

たとえば、睡眠を改善させる効果や、成長ホルモンの分泌を促進させることが知られています。睡眠でしっかりと身体を休ませることは、当然ながら美肌につながるわけです。

 

アミノ酸も、食品で上手に摂取することができます。多く含まれているのは肉や魚ですが、食品によって含まれている種類が異なることに注意が必要です。

美肌を意識しているときに摂取した方がよい食品としては、アスパラガス・大豆などが挙げられます。

これらの食品は、細胞分裂や肌の潤いに関わるアミノ酸を含んでいるのです。もちろん、サプリメントで補うことも有効なので、うまく組み合わせることが大切です。

2児の母。30代です。出産後の肌荒れや疲れに困っていたのですが、すっぽん小町を試してみたところ、じわじわと疲れが減ってきました。私の体験から、おすすめのサプリをお伝えしたいと思います。あと子育てのコラムも!

-美容コラム

Copyright© すっぽん小町の口コミと効果|美人ママ目指してアンチエイジング♡ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.