美容コラム

コラーゲン不足でしわが増える!?しわとコラーゲンの関係を調べてみました

投稿日:

しわができる原因

しわができる原因でもっとも多いのが紫外線と言われています。
これは単に日焼けだけを指すものではなく、数分間紫外線を浴びただけで影響が出てきます。

そもそも健康な肌はコラーゲンがしっかりと集まっていることで弾力性などが維持されています。束のように集まっており、皮膚を下支えする柱のような形で存在します。その間をエラスチンと呼ばれる成分が行き交い、クッション性を高めています。

これが紫外線によってコラーゲンが分断されてしまい、柱が弱まることで弾力性を失ってそれがしわになってしまうのがよくあるパターンです。

減っていくコラーゲンを補給しよう

ただこうしたことは子供のときからあることで、子供でもこうしたダメージは受けます。しかし子供の場合はコラーゲンなどを次々と生み出していくため、ダメージを与えられたとしてもすぐに復活し回復していきます。

年齢を重ねていくと段々とこうした生成能力が落ちていくため、しわとして残りやすくなるため注意が必要です。

コラーゲンが不足したらしわが増えるというのは事実であり、こうしたメカニズムによって発生してしまいます。

裏を返せば、減った分を補っていくようにしていくことでしわへの対抗ができるようになっていきます。

小じわと乾燥

いわゆる小じわと呼ばれるものがありますが、この小じわは乾燥が原因で作られていきます。
乾燥の状態になると角質層の表面がはがれやすくなります。その部分から水分が抜けていき、皮膚自体が水分を失ってそこが小じわになっていくため、水分がとても大事です。

また年齢を重ねていくと水分が抜けやすくなり、常に乾燥状態になってしまうのも1つの問題です。

細胞間脂質などもなくなっていくため小じわにつながっていきます。弾力性が減っていき、肌の状態は徐々に悪くなっていくため何かしらの対策をしておかないといけません。

コラーゲン配合化粧品は角質層に効果あり

これらの対策をしていく際に注意したいのは、コラーゲン配合の化粧品を塗れば体内のものを補給できるわけではないということです。
同じ名前でもその中身はまったく違うものであり、その働きも違います。

肌に塗ったからどんどん浸透していくものだということではなく、あくまでも表面上のものに使います。

期待されている効果は角質層の保湿です。表面に塗ることで水分の蒸発を防ぎます。
乾燥による小じわが気になる場合には化粧品に配合されたものを活用していくことで乾燥状態を改善させていくことが可能です。

コラーゲン配合サプリで中からケア

次にサプリメントとして服用するケースです。
多くのケースはある程度加工して入れられており、服用後30分で体内の様々な場所へ吸収されていくことが指摘されています。

真皮の部分にも浸透していき、真皮にある線維芽細胞に作用することで皮膚が潤い柔らかさが復活する結果が出ています。

まだ研究途上の分野であるため、詳しい結果はこれからですが、サプリメントを服用することで体内に浸透させることができる可能性は十分にあります。このように表面から塗るケースと服用するケースで効果を発揮する場所が違うことは明らかです。

美容皮膚科で注射という手も

即効性という意味では注射によって直接注入させるのもおすすめです。
しわなどは完全になくなり、その日のうちから化粧などもできます。
そのため即効性を求めたい人には最適なやり方ですが持続性は乏しく、数ヶ月から1年で効果が途切れてしまいます。
その間にしわをなくす対策を立てて実行していく時などにおすすめです。

まとめ

真皮に含まれる7割がコラーゲンと言われるほど、なくてはならない存在であり、不足することでしわができてしまうのはいわば当然です。
皮膚を下支えするものが減っていけばたるんでしまうからです。

食事やサプリメントで補うことや紫外線を避けるなどして対策を立てておくことが大事です。

-美容コラム

Copyright© すっぽん小町の口コミと効果|美人ママ目指してアンチエイジング♡ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.